ニュース

<国際>ロスアトム社長が福島原子力発電所のメルトダウン可能性を示唆

2011年3月16日 18:56 コメント(0) トラックバック(0)

 

ロシアの国営原子力企業ロスアトムのキリエンコ社長は15日、福島原子力発電所にある6つの原子炉全てで炉心溶融(メルトダウン)を起きる可能性があると警告した。


キリエンコ氏は、首相官邸で開かれた会合でプーチン首相に対し、最悪の場合は福島原子力発電所にある6つの原子炉全てが炉心溶融を起こす恐れがあるとの見方を示した。


ただ、「仮に6つの原子炉が溶解したとしても、核爆発にはつながらない」とも述べた。


同氏は、損傷した原子炉から放射性物質を含むガスが放出されている指摘。また原子炉の冷却に使用した水が地下水を汚染する可能性があるとの見方を示した。

 

 


コメント(0)


コメントする:
※は必須項目です。
 
 
 
 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:
ロスアトム社長が福島原子力発電所のメルトダウン可能性を示唆


このブログ記事に対するトラックバックURL:
http://www.tmu.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2903