Feature データに見るロシア

第3回 あなたは幸せですか?


 全ロシア世論調査センターが2008年の3月と5月に、ロシアの46の州、地方、共和国など1600人を対象に行ったデータによると、「あなたは幸せですか?」と問われた質問に対し、自分を幸福な人間と感じているロシア人が、10年前(1998年)の60%から2008年には77%にまで増大している。ここ10年で17%も上昇した結果だ。一方で、自分自身を不幸だと感じている人の数は1998年の調査と比較すると、25%から15%と10%も減少している。
 この肯定的変化の背景にはGDP成長率の上昇からも顕著な、未曾有の経済成長があることは確かだろう。ただ、次の設問で幸せの要因を分析すると、回答者の18%が「家族の幸せ」を挙げた。また「子供や孫の喜び」が11%、「興味深い仕事・学問に出会った」が6%、「自分や身近な人間の健康」5%、「愛情」5%と続く。「物質的な豊かさ」を挙げたロシア人は全体の2%に留まった。
 一方で、不幸の要因についても調査を行ったが、こちらは「貧しさ」を挙げたロシア人が13%とトップ回答になっている。「物質的な豊かさ=お金」が不幸の要因にはなっても、満たされることで、それがそのまま幸福の要因に転化するわけではないらしい。「お金が無いと不幸だけど、お金があっても幸福とはいえないでしょ」。これは何もロシア人に限った話ではないだろう。
 ちなみに、もしあなたが不幸と感じているなら、その要因は何か?の問いに、「十分幸せである」と答えた人が40%にも上った。日々の食料品を買うのも厳しいという経済状態の人でも14%が「十分幸せ」と回答している。人の幸せは境遇に左右されるのではなく、常に心の持ちようである、というのを如実に表す結果と言えないか。
 10年前と比べて、経済情勢や生活レベルが劇的に変化したといわれるロシア。そのロシアでこのようなアンケート結果を得たことは非常に興味深い。



datarussia3.1.jpg 

datarussia3.2.jpg 

datarussia3.3.jpgクリックで拡大します

 

egao.jpg

バックナンバー

第14回 世界で最も高い駐車場は?
第13回 インターネット広告はどう進化していく?
第12回 最も人気のある外国車は?(2008年8月版)
第11回 トップマネジャーにとって好ましい国は?
第10回 モスクワで最も人気のある料理は?
第9回 世界で最もクリーンな国とは?
第8回 ロシアで最も豊かな地域とは?
第7回 ヨーロッパで最も行列に時間を割かれる国は?
第6回 世界で一番「ビッグマック」の高い国は?
第5回 外国人が生活するのに最も生活水準の高い都市は?
第4回 ロシア人は日本車がお好き!?
第3回 あなたは幸せですか?
第2回 世界でもっとも評価されている国は?
第1回 ロシア人の人気海外旅行ランキング

 

 


Feature TOP