Feature

袴田茂樹のおろしあ国徒然譚

第4回 市場派リーダーの反市場的失言

 

 

 前回は、共産主義時代のソ連のトップも、バザール感覚で共産党間の交渉に臨んでいたことを話した。ソ連というと、計画経済の体制、すなわち生活の場では交渉とか駆け引きの余地がほとんどないお役所的社会とみたら大間違いですよ、というのが筆者の言いたいことであった。事実、ソ連時代の数年間の生活を通じて身をもって実感したことは、ロシアでは日常生活においても、表のタエマエとは別に、非公式的なネゴシエーションの余地が日本社会よりもはるかに大きいということであった。非公式的なネゴシエーションとは、コネや賄賂、脅しなどあらゆる手段をつかってバザール的に物事を動かすということである。公式的な手段だけに頼ってすべてを正攻法で事を進めようとする人間がいたとしたら、まさにバカ扱いされたであろう。この面で言えば、自由経済の国であるはずの日本の方がバザール社会からははるかに遠い。私は、日本の方がずっと計画経済的あるいは社会主義的であると感じたものである。
 ロシアが本格的な市場経済の国になるかどうかは、このようなコネや賄賂が幅を利かすバザール社会的要素を克服して、どれだけ法治社会に近づくことができるかにかかっている。

 

  これに関連して思い出すのは、まさに市場派、民主派のリーダーを自任していたネムツォフ元副首相のことである。10年ほど前の話であるが、彼が第一副首相として来日した時、日本の実業界代表との会合の場で「ロシアに千万ドル(数字は正確でないが)以上投資する人には、最初の3人にだけ私のプライベートな電話番号を教えましょう」と述べた。つまり携帯電話の番号を教えるというのだ。ロシアでは、影響力のある要人がプライベートな電話番号を教えるということは「困った時にはいつでも個人的にサポートしますよ」ということを意味する。その1年後に彼はザドルノフ財務相と共に再び訪日する機会があり、二人ともわが国での公開シンポジウムに参加した。私もそのシンポジウムの司会兼パネラーとして出席したが、その場でネムツォフは次のように述べた。「昨年私は実業界の人たちに、ロシアに投資をする人にはプライベートな電話番号を教えると言ったのに、残念ながら誰もこの私の申し出に応じなかった。」
 この発言に対して、私はネムツォフ氏にストレートに次のように述べた。「ネムツォフさん、あなたは主観的には日本の実業界の人に投資を勧誘したと思っているでしょう。しかし客観的に見れば、あなたが述べたことは、ロシアには投資環境がまだ整っていないということなのですよ。」つまり、ネムツォフ氏は大きな失言をしたのだが、そのことに気付かなかったのである。

 

 プライベートな電話番号を教えるということがそれだけ大きな意味を持っているということは、まさに、ロシアではコネが決定的に重要だということをロシアの指導者が自ら認めたことに他ならない。コネが決定的だということは、法がまともに機能していないということでもある。有力者の庇護に頼る投資がリスキーであることは説明するまでもない。その人物がポストを去ったら庇護も消えるからだ。事実、2回目にネムツォフ氏が来日した時には、彼はすでに第一副首相のポストを去っていた。

 

 このシンポジウムの直後にザドルノフ氏と個人的に話す機会があった。彼は私に次のように述べた。「ハカマダ、あなたが述べたことはまさにネムツォフの痛いところを突いた。彼は市場派のリーダーを任じているが、肝心な点が解っていないのだ。」ネムツォフもザドルノフも筆者の個人的な知り合いでもあったので、率直にこのようなことを話してくれたのだ。
この10年間に、ロシア人の市場経済に対する認識もはるかに深まった。メドヴェージェフ新大統領は、「法ニヒリズム」の克服、つまり遵法精神を確立して腐敗や汚職を撲滅することを自らの政策の最重要課題の一つに掲げている。メドヴェージェフ氏が第一副首相のときに日本の実業界の代表と話をしたとしても、もはやネムツォフ氏のような失言はしなかったはずだ。前回も述べたように、ロシアには欧米的な感覚の若いビジネスエリートもかなり生まれている。その多くは、日本人実業家以上に欧米的な感覚を有している。今後彼らがどれだけロシア社会で中心的な役割を果たすか、ロシア経済の将来は、いやロシアの将来は、そこにかかっていると言っても過言ではないだろう。

 

 気になるのは、最近ロシアでたくさん設立されている国策会社(ゴスコーポラーツィヤ)のあり方だ。プーチン元大統領もメドヴェージェフ現大統領も、国家が経済を支配する国家資本主義は言葉の上では否定してきた。しかし、プーチン大統領は昨年から今年にかけて、国策会社を次々と創立し、莫大なオイル(ガス)マネーを投入し、そのトップにシロビキ(軍、治安機関、情報機関出身者)を中心とした側近を据えた。昨年9月に創設された巨大コンツェルン「ロステフノローギヤ」もその一つだ。これら国策会社のあり方は、国家が大きな資金を投入して先進的な産業を興すというソ連時代のアプローチを想起させるもので、市場的なアプローチとは質的に異なる。シロビキが市場経済を理解しているとはとても思えないが、彼らは心理的にも市場派に反発心を抱いている。
 経済政策でもリベラルな傾向、つまり市場派の傾向が強いと言われるメドヴェージェフ大統領であるが、彼や新しいビジネスエリートが主導する市場経済と、このゴスコーポラーツィヤがどのように調和するのか、それを理解するためには、もう少し時間が必要であろう。

 

 

バックナンバー

第16回 サハリンで見たこと考えたこと
第15回 「ロシアから見た「源氏物語」」

第14回 「ロシア人は頭脳、日本人は技術」は正しいか
第13回 モスクワで聞いた年次教書とオバマ当選ニュース
第12回 ロシアのマスメディア 新聞篇(2)
第11回 ロシアのマスメディア 新聞篇(1)
第10回 ロシア新大統領考
第9回 ソ連製カメラの行く末
第8回 日本に先んじていたソ連のカメラ工業
第7回 タイ製ニコンのショックとロシア的市場経済
第6回 ロシア人の高等読書術
第5回 ロシア人と外国語――欧米文化に復帰するロシア人
第4回 市場派リーダーの反市場的失言
第3回 交渉はタラップの上で決まる
第2回 変わりつつあるロシア人の日本認識
第1回 日本とロシア――忘却から再発見へ




photo_hakamada.jpg

袴田茂樹(はかまだ・しげき)

 

1944年3月17日生まれ。現職:青山学院大学国際政治経済学部教授。東京大学国際関係論博士課程修了。米プリンストン大学客員研究員、モスクワ大学客員教授、東京大学大学院客員教授を歴任。現在はロシア東欧学会代表理事。

専門は現代ロシア論。関心は哲学、文学、芸術と幅広い。趣味は、各地の料理と酒を堪能すること。ツーリング。主な著書に『深層の社会主義』(サントリー学芸賞受賞)、『文化のリアリティ』、『現代ロシアを読み解く』ほか。

Feature TOP